Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、「Java SE」の脆弱性5件を修正 - 「同7」の延長サポートが終了

Oracleは、四半期ごとに公開している定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」に明らかとなった脆弱性を修正した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは5件の脆弱性を解消。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアが「7.0」以上とされる脆弱性は1件のみで、「CVE-2022-34169」が「7.5」と評価されている。

また今回修正された脆弱性のうち、4件については認証なしにリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 18.0.2」「同17.0.4」「同8 Update 341」「同7 Update 351」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition 22.2.0」「同21.3.3」「同20.3.7」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

「Java SE 7」については2022年7月で「延長サポート(Extended Support)」が終了し、以降は「持続サポート(Sustaining Support)」へ移行する。

(Security NEXT - 2022/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開