Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JVCケンウッド、自動検知対応の監視カメラ用分析システム

JVCケンウッドは、日本IBMの協力のもと、人物や挙動不審者などを検出する監視カメラの映像分析システム「インテリジェントセキュリティシステム」を開発した。

JVCケンウッドの監視カメラや無線技術と、日本IBMの画像解析技術「IVA」の連携による監視システムを開発したもの。特定人物や挙動不審者などのリアルタイム検出に対応しており、特定の色や大きさ、人物、車両などを抽出した際に異常を自動的にアラートで知らせることが可能だという。

無人による監視や、人的ミスによる見逃しなどを防ぎ、効率化が図れるとしている。また履歴データのフォレンジック分析機能を備えており、特定の問題や傾向、パターンの検索が可能。短時間で目的の画像を抽出することもできる。

JVCケンウッドでは、店舗内の監視カメラはもちろん、市町村レベルの膨大な監視カメラ映像まで、システムの規模に合わせたシステムインテグレーションとソリューションを提供していくという。

(Security NEXT - 2015/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー
海外製ネットワークカメラの脆弱性狙うアクセス - OEM展開で1000機種以上に影響
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
NICT、「SECCON」向けにあらたな攻防戦の可視化システムを提供
未成年による危険なサイトへのアクセス、日本は年平均228回
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
国交省、ドラレコ映像の管理徹底を通知 - ASKA容疑者の映像流出で
ASKA容疑者のドラレコ映像報道でタクシー会社が謝罪