Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 1」利用の「S2Struts」に脆弱性 - 修正版公開

Seasarファウンデーションが提供するフレームワーク「S2Struts」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品は「Apache Struts 1」を利用していることから、「Apache Struts 1」に存在する「Validator」の脆弱性「CVE-2015-0899」について影響を受けたもので、入力値の検査が回避されるおそれがある。

影響を受けるバージョンは、「S2Struts 1.2.13」「同1.3.2」で、以前のバージョンも含まれる。Seasarファウンデーションでは修正版となる「同1.3.3」および「同1.2.14」を独自に用意しており、提供を開始している。

(Security NEXT - 2015/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響
「Struts 2」脆弱性狙うアクセスが継続中 - 当初の暫定対策だけでは危険