Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が患者の個人情報持ち出し - DM送付に利用

潤和会記念病院の元職員が、在職中に患者の個人情報を持ち出し、あたらしく開設する介護事業所の案内状送付に利用していたことがわかった。

住所を知らないはずの介護事業者からダイレクトメールが届いたと患者から連絡があり、同院で調査を行ったところ判明したもの。2014年12月31日付けで退職した職員が、在職中に患者の個人情報を持ち出していたという。

持ち出したデータは、患者の氏名や住所、電話番号、通所介護の自己負担割合、介護保険の有無、要介護度などのデータ。元職員はこれらのデータを使って、自分があらたに開設する指定通所介護事業所の案内状を送付していた。

同院では元職員立ち会いのもと、データ消去と保管していたハードディスクの破砕処理を実施。対象となる患者には謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2015/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
患者情報記載の書類を突風で飛ばされ紛失 - 千葉市
患者情報含む廃棄書類が運搬中に飛散 - 都内病院で
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院
医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県