Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

精神保健福祉法の関連書類309件が所在不明 - 東京都

東京都の中部総合精神保健福祉センターにおいて、精神保健福祉法に基づき、都内の精神科病院から提出された一部届出書類が所在不明になっていることがわかった。

都によれば、所在不明となっているのは、2010年度から2013年度にかけて都内の精神科病院から提出された精神保健福祉法の関連書類。

「医療保護入院者の入院届」「医療保護入院者の定期病状報告書」「措置入院者の定期病状報告書」などの届出書類うち、記載事項の不備により病院に返送扱いとなった一部書類で、病状など含む患者の個人情報が記載されている。

2014年6月に、不備により同センターが返送した届出書類の一部が、そのまま都内の病院内にあるとの報告があり、調査を行ったところ、複数の病院において再提出が確認できないことが判明した。

同センターではあらためて再提出を求めるとともに、所在が確認できない書類を調べたところ、2015年3月9日までに一部が発見されたが、38の病院であわせて309件が所在不明となっていることがわかったという。

都は、同センターまたは病院内で廃棄された可能性が高いと説明。届出書類の管理を厳格化し、職員の研修や本庁職員による定期的な検査を行うなど、再発防止策を講じるとしている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、一部件数の表記に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2015/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
メールを誤送信、死亡患者情報が流出 - 墨東病院
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院