Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームサイト「GAMECITY」を装うフィッシング

ゲーム情報サイト「GAMECITY」を騙るフィッシングメールが出回っている。同サイトを運営するコーエーテクモゲームスやフィッシング対策協議会では、注意を呼びかけている。

今回見つかったのは、アカウントの確認を装ったフィッシングメール。本文では、利用者のアカウントが、何らかの取り引きに利用されているおそれがあるなどと不安を煽り、記載したURLからログインして確認するよう促す。文末には「GAMECITY市長より」とあり、日付は3月30日付けだった。

日本語の言い回しなどに不自然な点はないが、一部に「スクウェア・エニックス」と関係ない他ゲームベンダーの記載があるなど、不審な点も見られる。リンク先は正規サイトを模したフィッシングサイトで、「市民ID」とパスワードの入力を求めていた。

フィッシング対策協議会では、3月31日12時の時点で同サイトの稼働を確認しており、同協議会では閉鎖に向けて調査をJPCERTコーディネーションセンターに依頼した。

コーエーテクモゲームスでは、正規のログインページでEV SSL証明書を利用しているとして、サイト利用時にはアドレスバーなどで運営者名を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か