Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タイムセールの申込集中で個人情報を誤表示 - QTNet

九州通信ネットワークは、スマートフォン関連サービスの申し込み画面において、顧客161人の個人情報が、関係ない別の申込者の受付画面に表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

誤表示の対象となったのは、3月24日9時4分から10時24分の間に「BBIQスマホSIM d」「UQ mobile」「端末ショップ」「特選ショップ」にログインした顧客161人。

氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが誤って表示されたもので、ウェブサイトでタイムセールを実施した際、申し込みが集中。そのため受付システムに不具合が発生したという。

またそれ以外にも、氏名が記載された53件の申込内容確認メールが、別の申込者に送信される不具合も発生しており、重複分を除くと193人分の個人情報が漏洩した。

同社では申し込み受付を停止してシステムの不具合を修復しており、完了次第再開する。また、対象となる顧客にはメールや電話で説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中
会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
セミナー申込フォームに設定不備、個人情報が流出 - 雇用人材協会
通販サイトで顧客情報を誤表示 - FBアカウントによるログインで不具合
アサヒグループの3サイトで顧客情報の誤表示が発生
「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中
イオンのネットスーパーで顧客情報を誤表示 - 作業中の操作ミスで
個人情報を誤表示、アクセス集中による不具合で - うみの杜水族館