Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

画面を見ただけでロック解除する向けスマホ生体認証技術

富士通は、スマートフォンに最適化した虹彩認証システムの開発を進めている。

同社では、従来より静脈認証や指紋認証などの技術を活用しているが、サイズ面や性能をスマートフォンへ最適化した虹彩認証システムを開発したもの。

同技術では、端末に搭載した高出力の赤外線LED照明と赤外線カメラを利用。スマートフォンの画面を見た際に、瞳孔の外側にある虹彩を赤外線を用いて取得、認証を行う。虹彩認証エンジンには、Delta IDの「ActiveIRIS」を採用した。

端末のロック解除はもちろん、ウェブサイトのログイン時におけるIDやパスワードの入力などにも活用できるとしている。同社は、今回開発した技術について、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスのほか、セキュリティソリューションへの適用など応用を検討していくという。

(Security NEXT - 2015/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応