Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、エンドポイント製品と管理ツールにSP1を提供

カスペルスキーは、法人向けにエンドポイント向けセキュリティ対策製品と管理ツールのサービスパックを3月12日より提供開始する。

Windows用の「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」と管理ツール「Kaspersky Security Center 10」に機能拡張版となる「Service Pack 1」を提供するもの。

今回の機能拡張により、エンドポイント製品では従来の機能にくわえ、アプリケーション制御に指定以外のユーザーに対するアプリケーションの起動を、既定でブロックする「デフォルト拒否」設定を追加。デバイスコントロールの機能を充実させた。

また管理ツールでは、ネットワークアクセスコントロール(NAC)において、アクセス制限ルールとデバイスのホワイトリストを使用できるようになった。さらにモバイルデバイス管理(MDM)、SIEMとの連携を強化している。

(Security NEXT - 2015/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開