Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本競輪でサイト改ざん - 原因はWPプラグイン「FancyBox」の脆弱性

熊本市が運営する熊本競輪のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされていたことがわかった。WordPressプラグインにおける既知の脆弱性が攻撃を受けたという。

同市によれば、脆弱性を狙った不正アクセスが2月19日にあり、サイトの改ざんが発生。関係ない外部サイトのデータを読み込む状態だった。

期間中に967人がアクセスしているが、すでに読み込まれる外部サイトは閉鎖されており、具体的な影響はわかっていない。被害の報告などは寄せられていないが、閲覧によってマルウェアなどへ感染している可能性もある。

今回脆弱性が突かれたのは、同サイトでコンテンツマネージメントシステム(CMS)として利用しているWordPressで活用していたプラグインの「FancyBox」。

同プラグインは、コンテンツやスクリプトが挿入される深刻な脆弱性「CVE-2015-1494」が存在。ゼロデイ攻撃による改ざん被害が2月に入って判明し、2月4日に修正版がリリースされている。

同市は、脆弱性への対応が遅れたことが原因のひとつであると説明。修正した上で、23日19時過ぎよりウェブサイトを再開している。

(Security NEXT - 2015/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「WordPress」向けRetina対応プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
アップデート「WordPress 4.9.1」でセキュリティに関する問題4件を解決 - バグの修正も
「WordPress」向けテーブル生成プラグインに脆弱性
「WordPress 4.8.3」が公開 - 修正不十分だった「SQLi脆弱性」に対応
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple