Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、HDD暗号化から管理までサポートする月額サービス

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、ハードディスクの暗号化を実現する月額課金型のクラウドサービスを4月上旬より提供開始する。

同サービスは、ハードディスクを暗号化するためのツールはもちろん、緊急時の復号化やヘルプデスクなどトータルでサポートするクラウド型サービス。最短3か月、パソコン1台から利用できる。

暗号化ツールをパソコンにインストールするだけで利用することが可能で、暗号化はハードディスクの全領域に対して実施。パソコンの管理用サーバは富士通のパブリッククラウドを利用し、管理パソコンの一覧情報や暗号化状態などが確認できるログを毎月提供する。

価格は、300ユーザーで月額32万4000円から。同社では、今後3年間に3億円の売上を目指してサービスを展開する。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース