Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス

ニフティは、パソコンやスマートフォン、スマート家電をインターネットの脅威から保護するサービス「常時安全セキュリティ24プラス」を提供開始した。

20150204_ni_001.jpg
ネットワークへ接続する「サービスアダプタ」

同サービスでは、同社のネットワークサービス「スマートサーブ」の機能を活用。パソコンやスマートフォン、タブレット、スマート家電などをマルウェアやフィッシングサイトなどの脅威から保護する。

同社が提供する「サービスアダプタ」をネットワークに接続することで、VPN接続した同社セキュリティセンターにおいてシマンテックのエンジンを利用し、ネットワークの通信に対してマルウェアが含まれていないかスキャンする。セキュリティ対策ソフトをインストールできないゲーム機やテレビなどのIoTの保護に活用できる。

また2月25日からは、ウェブサイトの「安全評価機能」を提供。フィッシングサイトや詐欺サイトなどへの接続を未然に防ぐ。さらにネットワーク外で使用するパソコンやモバイル端末向けにカスペルスキーのクライアント向けセキュリティ対策ソフトによる保護を提供する。

料金は、すでにスマートサーブを利用している場合は月額216円。初期費用は無料。スマートサーブに未加入の場合は、初期費用5400円、月額540円。なお、3月31日までに新規加入すると、初期費用が無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2015/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン