Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で元職員のメールアドレスが流出 - 大阪市

大阪市は、同市の退職者140人に求人情報をメール配信した際、全員のメールアドレスが表示された状態だったことを明らかにした。

同市人事室が事務局を務める「人材データバンク」の担当者が1月27日、求人情報メールの配信登録をしている同市の退職者140人に対し、求人情報を送信したところ、送信ミスが発生したもの。

送信先アドレスを宛先に入力して送信したため、受信者間にメールアドレスが流出した。同日中にメールの受信者から連絡があり判明。同市では翌28日に、対象となる関係者に説明と謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾
緊急事態宣言対応の留学生宛て連絡メールで送信ミス - 中京大
メール送信ミスで顧客メアド流出 - 大成建設ハウジング
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大
設定ミスで患者情報をメールで誤送信 - 都内クリニック