Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、モバイル向けセキュリティソリューションを提供

エフセキュアは、VPNを利用してインターネット接続を保護するモバイルデバイス向けセキュリティソリューション「Freedome」の日本語版を提供開始した。

同ソリューションは、モバイル端末において、VPN接続により公衆Wi-Fi利用時などにおける通信の盗聴や改ざんなどを防ぐサービス。オンライン広告によるトラッキングを防止するほか、マルウェア配布サイトやフィッシングサイトなど、悪意あるサイトへの接続をブロックする機能も提供する。

またアクセス元のロケーションを変更する機能を用意。今回のリリースにあわせ、日本のノードもあらたに開設し、日本国外からでもVPN経由で国内のIPアドレスを発信元としてアクセスすることが可能。

対応OSは、iOS7.0以降およびAndroid4.0.3以降。価格は、デバイス1台版が5904円。3台版が7384円。5台版が8864円でいずれも1年間利用できる。

(Security NEXT - 2015/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
トレンド、セキュリティ動画コンテストの結果を発表