Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム開発用サーバに不正アクセス、DoS攻撃の踏み台に - KADOKAWA

KADOKAWAは、ゲーム開発に利用しているサーバが不正アクセスを受け、DoS攻撃の踏み台にされていたことを明らかにした。

同社によれば、1月3日にゲーム開発用のサーバが不正アクセスを受け、同月6日の15時ごろから21時ごろにかけて、DoS攻撃の踏み台として悪用されていたことが判明したという。同社では事態発覚後、被害拡大を防ぐためサーバをネットワークから切断した。

同社では、セキュリティ対策や運用方法を見直すほか、監視体制の強化やサーバ構成の再検討など再発防止策を講じる。今回の不正アクセスによる個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2015/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「BIND 9」のセキュリティアップデートが公開 - 「NXNSAttack」などに対応
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加