Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・キャンプフォーラム2015」を開催 - キャンプの魅力を発信

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ・キャンプ実施競技会は、「セキュリティ・キャンプフォーラム2015」を2月14日に東京で開催する。

同フォーラムは、セキュリティ・キャンプ修了生や講師をはじめとするセキュリティ・キャンプ関係者はもちろん、情報セキュリティに関心のある一般参加者もくわえ、相互交流を行うとともに、セキュリティ・キャンプの魅力を発信する場として開催するもの。

メイン会場では、キャンプ修了生や会員企業による講演を行った後、個別のテーマに基づいたテクニカルセッションを行う。会場は、東京都港区のフクラシア品川クリスタルスクエア。定員は130人で参加費は無料。参加する場合は、同機構ウェブサイトから事前に申し込む必要がある。申込締切は2月11日。

(Security NEXT - 2015/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
英会話教室でメール誤送信 - 氏名やメアドが流出
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催