Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校生徒の個人情報をメールで誤送信 - 埼玉県

埼玉県の県立高校において、教諭がメールアドレスの入力を誤り、生徒の個人情報を関係ない第三者へ送信する事故が発生した。

12月18日、教諭が業務を自分の教科準備室で行うため、生徒の個人情報や成績など含むファイルを職員室のパソコンからフリーメールを利用して送信したが、その際にメールアドレスの入力を誤り、第三者に送信されたという。

メールが未着となったことから誤送信に気が付いたもので、問題の添付ファイルには、2年生365人の氏名と性別、および2年生160人の世界史の成績情報が含まれていた。

同校では、生徒を対象とした集会や保護者を対象とした説明会を開いて、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産