Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラの分野横断的演習、13分野94組織が参加

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、第9回目となる分野横断的演習を実施した。重要インフラ事業者94組織が参加した。

今回の演習では、情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油など13分野より18セプター、94組織が参加。過去最大規模となった。

演習は2部構成で、第1部では影響が小さい障害で情報共有体制を確認。第2部ではサービスへ影響が生じる障害を想定し、事業継続性などを検証。

今回の演習を通じて、「単に自社の事業継続計画を正当化するだけではなく、改善を図る取組が重要」「インシデントが会社にとってどのような影響があるか想定し、パブリックコミュニケーションを図ることが必要」「業界としての情報共有スキームの確立が必要」といった意見が出たという。

同演習を通じて、情報セキュリティインシデント発生時における組織内外との情報共有体制や事業継続計画の改善など能力向上に向け、検証などを行った。各組織では演習で得たノウハウの共有を推進。NISCでは、政府機関や重要インフラ事業者などで連携し、各分野へ普及展開していく。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」