Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」など複数DNSにサービス拒否の脆弱性

「BIND 9」をはじめ、複数のDNSにサービス拒否へ陥る脆弱性が含まれていることが判明した。リモートより攻撃を受けるおそれがあり、関連機関が注意を呼びかけている。

今回判明した脆弱性は、リモートよりサーバープロセスに対する攻撃が可能となる脆弱性。権威DNSサーバーの台数や委任の段数に制限が設けられていないことが原因で、悪用されるとシステムのリソースを過剰に消費し、異常終了するおそれがある。

キャッシュサーバをはじめ、構成によっては権威サーバも影響を受けるおそれもある。BINDの「CVE-2014-8500」に緩和策はなく、脆弱性を修正した「同9.10.1-P1」「同9.9.6-P1」の提供が開始されている。

また日本レジストリサービス(JPRS)によれば、問題の脆弱性は、DNSの仕様や実装に起因していることから、「BIND」以外のDNSサーバも影響を受けることが判明している。

「Unbound」には「CVE-2014-8602」、「PowerDNS Recursor」には、「CVE-2014-8601」が存在。アップデート「Unbound 1.5.1」「PowerDNS Recursor 3.6.2」が公開されている。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「FONルータ」がDDoS攻撃に悪用されるおそれ - 修正更新を実施
権威DNSサーバ「NSD」にアップデート - 脆弱性を解消
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ