Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」など複数DNSにサービス拒否の脆弱性

「BIND 9」をはじめ、複数のDNSにサービス拒否へ陥る脆弱性が含まれていることが判明した。リモートより攻撃を受けるおそれがあり、関連機関が注意を呼びかけている。

今回判明した脆弱性は、リモートよりサーバープロセスに対する攻撃が可能となる脆弱性。権威DNSサーバーの台数や委任の段数に制限が設けられていないことが原因で、悪用されるとシステムのリソースを過剰に消費し、異常終了するおそれがある。

キャッシュサーバをはじめ、構成によっては権威サーバも影響を受けるおそれもある。BINDの「CVE-2014-8500」に緩和策はなく、脆弱性を修正した「同9.10.1-P1」「同9.9.6-P1」の提供が開始されている。

また日本レジストリサービス(JPRS)によれば、問題の脆弱性は、DNSの仕様や実装に起因していることから、「BIND」以外のDNSサーバも影響を受けることが判明している。

「Unbound」には「CVE-2014-8602」、「PowerDNS Recursor」には、「CVE-2014-8601」が存在。アップデート「Unbound 1.5.1」「PowerDNS Recursor 3.6.2」が公開されている。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
「Dnsmasq」にバッファオーバーフローなど7件の脆弱性
「BIND 9」に脆弱性、ゾーン情報を不正に操作されるおそれ
BINDに脆弱性や不具合が判明 - Windows版のインストーラにも