Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年7月のサポート終了後も約2割が「WS 2003」を利用予定

「Windows Server 2003」を搭載したサーバの台数が、2014年末の時点で21万台、全体の13.1%となる見込みであることがわかった。2015年7月にサポートが終了するが、2割近いユーザーは継続利用の意向だという。

IDC Japanが、「Windows Server 2003」のサポート終了に対する国内企業ユーザーの対応を調査したもの。同社によれば、2014年末の国内におけるx86系Windows Serverの台数は、159万8000台となる見込み。

20141209ij_001.jpg
x86系Windows Serverの状況(グラフ:IDC Japan)

そのうち、「Windows Server 2003」の搭載サーバは13.1%となる21万台。2013年末の36万4000台から1年間で15万4000台減となった。

現状運用されている「Windows Server 2003」搭載サーバの67.7%はファイルサーバで、「電子メール、イントラ、情報共有システム」が24%、「ウェブサイト」が18.6%として利用されている。

ファイルサーバとして利用しているユーザーの18.6%、それ以外の用途では16.3%が、サポート終了後も「Windows Server 2003」をそのまま使い続けると回答。環境の移行が徐々に進んでいるものの、サポートが終了になることを認識していないユーザーや、引き続き利用しつづけるユーザーが一定数存在している。

OSのサポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、脆弱性を解消できず、マルウェアへ感染したり、不正アクセスを受けるリスクが高まる。

企業や団体が利用している場合、組織内部にかかわらず、外部データもサーバなどに保存している可能性もあることから、IDC Japanでは「利用者は自組織だけでなく、取引先における対応状況にも気を配り、早期対応を促すべき」と指摘している。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
Windowsタスクスケジューラの脆弱性、PoCは一部環境のみ動作 - コード修正で広く影響
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
「Joomla」が立て続けにアップデートをリリース - 脆弱性やバグに対処
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能