Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、USBメモリ代わりにデータ受け渡しする製品

NTTソフトウェアは、ネットワークでつながっていない端末間でデータの受け渡しを実現する「Crossway/データブリッジ」を発表した。12月15日より予約受付を開始する。

20141128ns_001.jpg
Crossway/データブリッジのしくみ(図:NTTソフト)

同ソリューションは、ネットワークで接続されておらず、従来USBメモリなどで行っていたデータ授受を実現するハードウェア。送信用と受信用のUSBポートを備えた手のひらサイズの機器を使用し、入力されるデータを特殊技術でフィルタリングすることで、安全な受け渡しが可能だという。

ユーザーや端末、ファイルの種類ごとに利用を制限できるほか、データ受け渡し時のログを自動的に記録。USBケーブルの抜き差しや電源を切ったのと同時に、受け渡したデータは自動で削除される。価格はオープン。

(Security NEXT - 2014/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化