Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を

10月は、「ハロウィン」のイベントに便乗した詐欺サイトが確認された。イベントが増える年末に向けても注意が必要だ。

BBソフトサービスが、10月に検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。検知数は83万7747件で、9月の73万3700件から14.2%の増加となった。

同社によれば、従来の傾向と変わらず不正サイトの88.8%を「ワンクリック、不正請求詐欺サイト」が占める状況だが、前月と比較すると5.8ポイント後退した。一方で「フィッシング詐欺サイト」の割合は5.2ポイント上昇し、10.1%と大台に乗った。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」は0.4ポイント増の0.6%、「脆弱性悪用サイト」は0.2ポイント増となる0.5%だった。

ハロウィンを迎えた10月は、仮装するための衣装販売を装った詐欺サイトを検知したという。大胆な値引きを掲げているが、実際には、海賊版や粗悪品を送り付けたり、商品が送られてこない場合があるほか、個人情報やクレジットカード情報が詐取されるおそれもあるという。

ハロウィンは日本でも徐々に浸透しており、詐欺のターゲットになりやすいと同社は分析。これからクリスマスや年末年始のイベントも控えており、引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2014/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念