Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、検索結果の削除方針透明化に向けて有識者会議を設置

ヤフーは、「検索結果とプライバシーに関する有識者会議」を設置した。今後、検索結果の表示に関する考え方を整理し、公表したい考え。

同社は、プライバシー侵害をはじめとする削除依頼が寄せられる一方、「表現の自由」や検索サービス利用者の「知る権利」とのバランスを考慮する必要があり、削除希望者が納得できるように対策を講じることが必要であるとして、有識者の意見をもと、考えを整理し、判断の透明性や客観性を高めるとしている。

11月11日に開催する第1回目の会議を皮切りに検討を重ね、2014年度中をめどに考え方を整理し、公表するとしている。

検索サービスの中立性や信頼性、「表現の自由」や「知る権利」といった問題を議論するほか、検索サービス提供者の社会的責務などを検討するとしている。

委員長は、東京大学名誉教授の内田貴氏が務める。委員は、元最高裁判所判事の泉徳治氏、東京大学教授の宍戸常寿氏、早稲田大学教授の長谷部恭男氏、元東京高等裁判所判事で、中央大学大学教授の升田純氏。

(Security NEXT - 2014/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
個人情報保護委、コミッショナー国際会議の正式メンバーに
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
総務省、「スマートフォンプライバシーイニシアティブIII」を策定
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
「スマートフォンプライバシーイニシアティブIII」のパブコメを実施 - 総務省