Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MRTの元従業員が再逮捕、役員宛メールを不正転送

医師などの個人情報を不正に持ち出したとして逮捕されたMRTの元従業員が、私電磁的記録不正作出、同供用の疑いで警視庁に再逮捕された。

同社の発表によれば、元従業員は同社の社長や役員に送られたメールを、自分のメールアドレスに自動転送されるようにサーバを設定。メールを不正に受信し、盗み見た疑いが持たれている。

元従業員は、同社が保有する医師や看護師の個人情報を不正に持ち出したとして、10月14日に不正競争防止法違反の容疑で逮捕されている。同社では引き続き、真相解明のため捜査への協力を行う方針。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信