Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MRTの元従業員が再逮捕、役員宛メールを不正転送

医師などの個人情報を不正に持ち出したとして逮捕されたMRTの元従業員が、私電磁的記録不正作出、同供用の疑いで警視庁に再逮捕された。

同社の発表によれば、元従業員は同社の社長や役員に送られたメールを、自分のメールアドレスに自動転送されるようにサーバを設定。メールを不正に受信し、盗み見た疑いが持たれている。

元従業員は、同社が保有する医師や看護師の個人情報を不正に持ち出したとして、10月14日に不正競争防止法違反の容疑で逮捕されている。同社では引き続き、真相解明のため捜査への協力を行う方針。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市
流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会