Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便、信書配送サービスに新オプション - 位置情報が確認可能

佐川急便は、「飛脚特定信書便」に、信書の位置情報が確認できるあらたなオプションサービスを10月21日より追加する。

同社では、従来より宅配便では取り扱えない信書を配送するサービス「飛脚特定信書便」を提供しているが、あらたに同サービスでセキュリティケースを利用できるオプションサービスを追加するもの。

同サービスで用いるのは、ダイヤルロック式のケースで、これまでも飛脚セキュリティ便で使用している。PHS端末を搭載しており、位置情報を専用ウェブサイトから確認できる。

また個人情報など含む機密文書を配送する場合、運送保険に加入でき、盗難や紛失による個人情報漏洩で発生した損害に対応できる。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起
「高齢者支援センター」など名乗る詐欺 - 「個人情報の削除」で連絡、「被災地支援」にも便乗