Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便、信書配送サービスに新オプション - 位置情報が確認可能

佐川急便は、「飛脚特定信書便」に、信書の位置情報が確認できるあらたなオプションサービスを10月21日より追加する。

同社では、従来より宅配便では取り扱えない信書を配送するサービス「飛脚特定信書便」を提供しているが、あらたに同サービスでセキュリティケースを利用できるオプションサービスを追加するもの。

同サービスで用いるのは、ダイヤルロック式のケースで、これまでも飛脚セキュリティ便で使用している。PHS端末を搭載しており、位置情報を専用ウェブサイトから確認できる。

また個人情報など含む機密文書を配送する場合、運送保険に加入でき、盗難や紛失による個人情報漏洩で発生した損害に対応できる。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
「買取now」で他顧客情報を表示 - キャッシュ設定ミスで
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも