Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!メール」の障害「データ保全性を維持できないレベル」

ヤフーが提供するメールサービス「Yahoo!メール」の一部アカウントでアクセスできない障害が引き続き発生している、再開は10月3日になる見通し。

問題の障害は、9月30日9時20分ごろより発生しているもの。当初、全ユーザー5000万IDのうち、約8%にあたる約400万IDに影響があるとしていたが、379万4777件のIDで障害が発生していることがあらたにわかった。

同社では、ハードウェアの障害が原因であるとし、外部からの不正アクセスについて否定。くわしい原因はわかっていないが、今回の障害について「システムの冗長性やデータの保全性を維持できないレベル」だと説明している。

同社は、システム安定化やデータ保全を優先して作業を行っているとし、システムは安定化に向かっていると現状を報告。今後さらに十数時間程度必要とし、機材の再点検や新しい機材の導入を行うことから、10月3日の再開をめどに復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2014/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会