Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「bash」脆弱性狙う「ShellShock攻撃」が発生中 - ねらいはサーバのボット化か

一部LinuxディストリビューションやMac OS Xなどでデフォルトのシェルとして採用されている「bash」に深刻な脆弱性「CVE-2014-6271」が見つかった問題で、日本IBMは、同脆弱性を狙った通信を複数確認しているとして注意を呼びかけている。

今回の脆弱性を悪用しようと試みる、通称「ShellShock攻撃」を確認しているもの。観測した攻撃のなかには、「DoS攻撃」を行うための不正プログラムをサーバに設置する動きのほか、「ping」を利用し、脆弱性の有無を探索する動きもあったという。

同社では、ディストリビューターなどが提供するアップデートの適用や、JPCERTコーディネーションセンターが呼びかける緩和策の実施など対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス