Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内部端末がマルウェア感染、顧客情報漏洩の可能性 - 日本航空

日本航空において、組織内部のパソコンにマルウェアが感染し、顧客情報が外部に送信され、漏洩した可能性があることがわかった。同社では、マルウェアが感染した詳しい経緯などを調べている。

同社によれば、同社内部で顧客情報管理システムにアクセスできる一部端末にマルウェアが感染していたもの。「JALマイレージバンク(JMB)」の会員情報が漏洩したおそれがあり、最大75万件に及ぶ可能性がある。

漏洩した可能性があるのは、氏名、生年月日、性別、電話番号、メールアドレス、会員番号や入会年月日のほか、勤務先の情報などといった個人情報が含まれる。

同社は、セキュリティ対策としてシステムにアクセスできる全パソコンに対し、外部接続を制限するなど対策を講じたと説明。マルウェアへ感染した経緯など、くわしい原因を調べている。

(Security NEXT - 2014/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ