Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスのセキュリティサービスで不具合 - メールが異なる宛先に

富士ゼロックスは、同社のセキュリティ対策サービス「beatサービス」において、送信したメールが異なる宛先に届く障害が発生していたことを明らかにした。

障害が発生したのは、統合的なセキュリティ対策を提供する「beatサービス」のうち「beat/entry」と「beat/active」の一部。8月27日21時ごろに障害が発生し、9月2日に顧客からの連絡があり問題が判明した。

顧客の環境に設置したセキュリティアプライアンス「beat-box」のソフトウェアモジュールを更新したところ、不具合が存在。同アプライアンスを経由して送信されたメールの一部が、異なる宛先に届いたり、指定した宛先に届かないなどの不具合が262台のアプライアンスで発生した。230社に影響があったという。

不具合の修正を行い、9月4日0時過ぎに復旧した。同社では、対象となる顧客に個別に連絡し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大