Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通BSC、デバイス制御ソフトがスマホやデジカメに対応

富士通ビー・エス・シーは、デバイス制御ソフト「FENCE-G」の最新版を10月1日より提供開始する。

同ソフトは、外部デバイスの利用や、ネットワーク上の共有フォルダへのデータ移動、印刷操作などを制御するセキュリティ対策ソリューション。

従来版では、USBメモリやCD、DVD、MOなどマスストレージクラス(MSC)に対応したストレージデバイスのみ制御対象としていたが、最新版となる「同バージョン8」では、スマートフォンやデジタルカメラ、携帯音楽プレイヤーなど、メディア転送プロトコル(MTP)で接続するデバイスの制御に対応した。

またデバイスを個別に制御できるようになったほか、Windows 8に対応。価格は、1アカウントあたり6480円から。

(Security NEXT - 2014/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit