Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通BSC、デバイス制御ソフトがスマホやデジカメに対応

富士通ビー・エス・シーは、デバイス制御ソフト「FENCE-G」の最新版を10月1日より提供開始する。

同ソフトは、外部デバイスの利用や、ネットワーク上の共有フォルダへのデータ移動、印刷操作などを制御するセキュリティ対策ソリューション。

従来版では、USBメモリやCD、DVD、MOなどマスストレージクラス(MSC)に対応したストレージデバイスのみ制御対象としていたが、最新版となる「同バージョン8」では、スマートフォンやデジタルカメラ、携帯音楽プレイヤーなど、メディア転送プロトコル(MTP)で接続するデバイスの制御に対応した。

またデバイスを個別に制御できるようになったほか、Windows 8に対応。価格は、1アカウントあたり6480円から。

(Security NEXT - 2014/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料