Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AVGインターネット セキュリティ 2015」登場 - 無料版も公開

AVG Technologiesは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「AVG インターネットセキュリティ 2015」を発売した。

同製品は、マルウェア、スパム対策、ファイアウォール、ファイル暗号化、リンクの安全性チェク、ファイル消去などの機能を搭載したセキュリティ対策ソフト。ファイアウォールやスパム対策などは搭載していない「AVG アンチウイルス 2015」も用意している。

最新版には、「アウトブレイク検出」機能をあらたに搭載。ウイルス定義ファイルを作成、配布するまでの間に発生する未知の脅威を防御できるという。

価格は、「インターネットセキュリティ」の1ライセンス1年版が4042円。「アンチウイルス」が3055円。ウイルス対策やリンクチェックなど基本的な保護機能が無料で利用できる「AVG アンチウイルス 2015無料版」の提供も開始している。

(Security NEXT - 2014/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止