Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple ID」狙いのフィッシングサイトを簡単構築できるキットが存在

「Apple ID」の詐取を目的としたフィッシングサイトを設置するための「フィッシングサイト構築キット」が出回っている。2014年以降、Apple IDを狙うフィッシングサイトが増加しており、こうしたツールキットの存在が影響している可能性があるという

問題のツールは、トレンドマイクロがフィッシングサイトで発見したもの。同ツールを利用すると、アカウントの確認と称してApple IDを入力させるフィッシングサイトを構築することができる。

同社が確認したフィッシングサイトの上位ディレクトリに、残存するフィッシングキット「apple.zip」を発見したことから存在が明らかになったもので、同キットには、検索エンジンのインデックスを避けるrobotsファイルや、接続元のIPアドレスに応じた言語を表示するためのファイルなどを同梱。日本語を含め18カ国語に対応していたという。

多くのフィッシングサイトは、ウェブサーバに脆弱性のあるサイトが改ざんされたもので、Apple IDのほかに名前や住所のほか、クレジットカード情報やセキュリティの質問などの個人情報を詐取するために利用されていた。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装