Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドで個人情報をオンデマンドに電子帳票化 - トッパン・フォームズ

トッパン・フォームズは、契約書など個人情報が記載された帳票をクラウド上で電子化する新サービスを9月8日より開始する。

同サービスは、企業などの顧客管理システムから必要に応じて最小限の個人情報を送信し、同社のシステム上で電子帳票化するサービス。

大量の個人情報を委託することなく、帳票化するデータのみ送信して電子化することが可能。データ変換後は、同社システム上へ個人情報が残らないしくみを採用しているという。

同社では、セキュリティポリシーなどによって個人情報を外部委託できない事業者や、金融機関など自社で独自にシステムを開発している事業者などにサービスを展開していきたい考え。

従来の個人情報を預かるサービスとあわせて事業を推進し、2015年度にソリューション全体で10億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー