Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

次期OS「Windows 9」に便乗するサイバー犯罪者 - マルウェアや情報詐取に注意

まもなく登場すると見られるMicrosoftの次期OS「Windows 9」に便乗し、マルウェアを配布したり、情報を騙し取る攻撃が発生している。

トレンドマイクロが確認したもので、検索サイトより誘導するケースでは、未発表である「Windows 9」の開発者向けプレビュー版などとして、ファイルをダウンロードさせる手口だった。

同社によれば、問題のファイルは、さまざまなユーティリティソフトをバンドルするなど改造をくわえた「Windows 7 SP1」のインストーラだったという。マルウェアは含まれていなかった。

しかし、ダウンロードするとユーザーは別のサイトへ誘導され、アドウェアである動画ファイル管理ソフトをダウンロードさせるしくみだったという。

同社では、これ以外にも「Windows 9」に便乗するケースを確認しており、アドウェアの配布や、電話番号を騙し取るフィッシングに悪用されていた。

これまでも、サイバー犯罪者がインターネットで注目されている話題を悪用するケースはたびたび発生していることから、同社は「Windows 9」に関しても、便乗する動きが今後さらに活発化するのではないかと懸念を示しており、海賊版やフリー版を装うケースなども含め、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を