Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール情報サービスの会員約2万人分の個人情報が不正アクセスで流出 - 南日本放送

南日本放送(MBC)のメール配信サービス「ふるぷりネット」が不正アクセスを受け、データベースに保存されていた会員約2万人分の個人情報が流出したことがわかった。

同社によれば、不正アクセスにより流出したのは、メール会員2万828人分の個人情報。2012年10月31日まで使用していたデータベースに保管されていたデータで、電話番号、郵便番号、生年月日、メールアドレス、パスワードなどが含まれるという。

同社では不正アクセスを受けたメール配信サービスを一時的に休止した。また対象となる会員に対し、メールで個別に事態を報告。パスワードを使い回している場合は、他サービスのパスワードを変更するよう依頼するとともに、不審なメールを受け取っても開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研