Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール情報サービスの会員約2万人分の個人情報が不正アクセスで流出 - 南日本放送

南日本放送(MBC)のメール配信サービス「ふるぷりネット」が不正アクセスを受け、データベースに保存されていた会員約2万人分の個人情報が流出したことがわかった。

同社によれば、不正アクセスにより流出したのは、メール会員2万828人分の個人情報。2012年10月31日まで使用していたデータベースに保管されていたデータで、電話番号、郵便番号、生年月日、メールアドレス、パスワードなどが含まれるという。

同社では不正アクセスを受けたメール配信サービスを一時的に休止した。また対象となる会員に対し、メールで個別に事態を報告。パスワードを使い回している場合は、他サービスのパスワードを変更するよう依頼するとともに、不審なメールを受け取っても開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし