Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール情報サービスの会員約2万人分の個人情報が不正アクセスで流出 - 南日本放送

南日本放送(MBC)のメール配信サービス「ふるぷりネット」が不正アクセスを受け、データベースに保存されていた会員約2万人分の個人情報が流出したことがわかった。

同社によれば、不正アクセスにより流出したのは、メール会員2万828人分の個人情報。2012年10月31日まで使用していたデータベースに保管されていたデータで、電話番号、郵便番号、生年月日、メールアドレス、パスワードなどが含まれるという。

同社では不正アクセスを受けたメール配信サービスを一時的に休止した。また対象となる会員に対し、メールで個別に事態を報告。パスワードを使い回している場合は、他サービスのパスワードを変更するよう依頼するとともに、不審なメールを受け取っても開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
NASのOS狙うマルウェアが発生か - QNAPが調査中
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム