Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール情報サービスの会員約2万人分の個人情報が不正アクセスで流出 - 南日本放送

南日本放送(MBC)のメール配信サービス「ふるぷりネット」が不正アクセスを受け、データベースに保存されていた会員約2万人分の個人情報が流出したことがわかった。

同社によれば、不正アクセスにより流出したのは、メール会員2万828人分の個人情報。2012年10月31日まで使用していたデータベースに保管されていたデータで、電話番号、郵便番号、生年月日、メールアドレス、パスワードなどが含まれるという。

同社では不正アクセスを受けたメール配信サービスを一時的に休止した。また対象となる会員に対し、メールで個別に事態を報告。パスワードを使い回している場合は、他サービスのパスワードを変更するよう依頼するとともに、不審なメールを受け取っても開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス
仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正