Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、セキュリティGW「SRXシリーズ」を機能強化

ジュニパーネットワークスは、同社のセキュリティゲートウェイ「SRXシリーズ」において機能強化を行った。

今回の機能強化では、「Active Directory」との連携に対応。ユーザーやロールにより、ファイアウォールのポリシーを適用できるようになった。

また搭載するファイアウォール「Firefly Perimeter」においてIPSなどの機能をあらたに搭載。管理機能のユーザビリティを向上させ、一元管理を実現している。

さらにアプリケーションの可視化や制御を実現する「AppID」では、対象アプリケーションを約2倍へと拡張。ヒューリスティックエンジンにより、リスクがあるアプリケーションのブロックできる。

(Security NEXT - 2014/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化