Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ強化対応スキル指標」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、組織の人材育成において、情報セキュリティのスキル強化の指標として活用できる資料を作成、公開した。

経済産業省が2012年度に実施した情報セキュリティ人材育成指標の策定事業において、スキル標準の調査を実施。スキル基準について見直しを検討したことを受け、同機構が「情報セキュリティ強化対応スキル指標」として取りまとめたもの。

同資料はExcel形式のファイルで、12のシートで構成されており、組織における情報セキュリティの関連業務を洗い出したり、職種の一覧、役割分担、スキル対応表などを用意している。

(Security NEXT - 2014/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス