Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員がタレントの個人情報を住基ネットで閲覧 - 生駒市

奈良県生駒市は、同市職員が住民基本台帳ネットワークの端末を操作して、タレントの個人情報を業務外の目的で検索していたとして、懲戒処分を行った。

同市によれば、市民課の職員が、8月11日に業務時間中、住民基本台帳ネットワークの端末を不正に操作。有名タレントの個人情報を検索した。

職員は同タレントのファンだったという。同市ではこれを受け、同職員に対し21日付で戒告の懲戒処分を実施。また情報の閲覧のみであり、メモを取ったり、第三者に漏洩した事実はないと同市は説明している。

同市では今回の問題を受け、閲覧記録台帳およびシステム操作履歴との照合や、操作ログ分析ツールの導入により、不正利用対策を強化。また住基ネットを操作する全職員に対して研修を実施し、不正閲覧対策に取り組む。

(Security NEXT - 2014/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯