Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局

関東財務局は、個人情報含む行政文書ファイル1冊の所在がわからなくなっていることを公表した。

同局によれば、行政文書333枚を綴じているファイル1冊を紛失していることが判明したもの。

個人情報を含む行政文書1枚が庁舎内に落ちていたことを指摘する内容の手紙と行政文書のコピーが1月24日に匿名の封書で届き、行政文書を保管する事務室内の文書棚を確認したところ、ファイルが見あたらないことが発覚した。

同ファイルには、国有地の管理処分を委託している業者から提出された郵便発信管理表、郵便受信管理表、公文書等複製物管理表などが含まれる。

郵便物の宛先や送り主の氏名、住所のほか、委託業者職員の名字など約2600人分の個人情報が記載されている。

外部に持ち出すファイルではないとしており、同局では原因について調べている。対象となる関係者に対しては書面を送付して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2024/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正