Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月に国際カンファレンス「CODE BLUE」の開催決定 - 1年待たずに2回目

CODE BLUE実行委員会は、情報セキュリティの国際カンファレンス「CODE BLUE」を、12月に都内で開催すると発表した。それにともない、8月1日より論文募集(CFP)を開始する。

同会議は、国内外の専門家を招く日本発の国際会議。ベンダー中立としており、情報セキュリティに関する研究発表や専門家の交流の場を提供する。

2月に第1回を開催したが、前回から1年を待たずして第2回の開催が決定。同イベントの開催にあたり、投稿論文の募集(Call for papers)を8月1日より開始する。

会場は御茶ノ水のソラシティカンファレンスセンターで定員は500名。参加登録は2014年8月1日より開始し、9月30日までは早期割引が適用される。締め切りは12月15日。

(Security NEXT - 2014/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
IoTセキュリティがテーマのセミナーイベントを開催 - JNSA
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定