Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRIと富士通ラーニングメディア、セキュリティ人材育成で協業

FFRIは、サイバー攻撃対策の研修メニューを提供する富士通ラーニングメディアと協業した。

今回の協業を通じて富士通ラーニングメディアでは、同社のサイバー攻撃対策研修メニューに「FFRI Expert Seminar」を追加した。同サービスでは、リバースエンジニアリングの基礎をはじめ、脆弱性の解析、脅威分析、パッチング技術など、演習中心に少人数トレーニングコースを提供。「セキュリティ技術者育成コース」「マルウェア動的解析コース」「リバースエンジニアコース」「脆弱性分析コース」の4コースが用意されている。

FFRIでは、情報システム管理者や業務アプリケーション開発者、エンジニアなどを対象にセキュリティ技術者を育成するサービスを2007年より展開。組織において、インシデントレスポンスチーム(CSIRT)を構築したり、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を設置する、企業におけるセキュリティ技術者の育成ニーズが高まっていることを受け、富士通ラーニングメディアと協業、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大