Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA Technologies、「セキュリティ」などへの投資を加速 - 日本市場へ新製品投入

CA Technologiesは、「マネージメントクラウド」「DevOps」「セキュリティ」の3分野に対する投資を強化すると発表した。日本市場を意識した対策にも力を入れていく。

同社では、「ビジネスはソフトウェアによって書き換えられる」との新スローガンをもとに経営戦略を展開するもの。具体的には、4月にAPIのセキュリティソリューションである「CA Layer 7」をはじめ、各分野において多数の新製品を日本市場に投入する。

また顧客の意見や要望を取り入れ、日本市場のニーズに則した製品やサービスの展開を目指すほか、パートナー企業との関連強化や、従業員の能力向上などへ注力するという。

(Security NEXT - 2014/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表