Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年第2四半期の脆弱性届出は329件 - ウェブサイトの届出が倍増

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2014年第2四半期における脆弱性の届出状況について取りまとめた。

20140724_ip_002.jpg
脆弱性の届出件数(表:IPA)

同レポートによれば、同四半期に届け出があった脆弱性関連情報は329件。前四半期の189件を大きく上回った。そのうちソフトウェア製品の脆弱性は40件で、前四半期の44件から減少する一方、ウェブサイトの脆弱性は289件と、前四半期の145件から倍増した。

受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェアが1828件、ウェブサイトが8019件で、あわせて9847件にのぼる。ウェブサイトが占める割合は81%と傾向に変化は見られない。1就業日あたりの届出件数は4.04件で、前期の4.01件からわずかに悪化した。

20140724_ip_003.jpg
脆弱性届出の推移(グラフ:IPA)

ソフトウェア製品の届出件数を種類別に見ると、「グループウェア」が最も多く、次いで「ウェブアプリケーションソフト」と「アプリケーション開発・実行環境」が多い。

またオープンソースソフトウェアの割合が上昇しており、今四半期は14件がオープンソースソフトウェアだった。累計でも全体の31%を占めている。

スマートフォン向けアプリの脆弱性届出件数は5件。2013年第3四半期は45件、第4四半期は46件と急増したが、それ以降は低水準で推移している。脆弱性が悪用された場合に生じる脅威は、「任意のスクリプト実行」が最多で、「情報の漏洩」「任意のコード実行」と続いた。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず