Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2QのDDoS攻撃は前四半期から減少傾向 - 一方で巧妙な攻撃も

2014年第2四半期は、DDoS攻撃が前四半期からやや減少したことがわかった。一方でサーバをボット化し、検出を逃れる高度なDDoSキャンペーンが発生しているとして専門家は注意を呼びかけている。

米Akamai Technologiesが、子会社の米Prolexic Technologiesによる2014年第2四半期のレポートとして取りまとめたもの。

前四半期と比較し、DDoS攻撃は0.2%減少、平均攻撃帯域幅については14%縮小したほか、平均ピーク帯域幅は36%減となった。平均攻撃時間は、17.38時間から17.35時間へ短縮。またアプリケーションレイヤーへの攻撃についても15%下回ったという。

一方、前年同期との比較では、攻撃総数や平均攻撃帯域幅がそれぞれ22%、72%と増加。平均ピーク帯域幅に至っては2倍以上と拡大しており、予断を許さない状況だ。

また同四半期は、サーバをボットとして利用するDDoSキャンペーンが確認された。サーバをボット化して利用するケースは、高度かつ慎重に組織化されており、検出を逃れるしくみも備えているという。

「Linux」「Apache」「MySQL」「PHP」が動作するいわゆる「LAMP」環境や、「Windows Server」を提供するクラウドサービス、脆弱性を備える「WordPress」「Joomla」といったCMS、およびプラグインが標的とされており、悪用されていた。

今回のレポートを受けて、Akamaiのシニアバイスプレジデント兼セキュリティ部門でゼネラルマネジャーを務めるStuart Scholly氏は、DDoS攻撃が引き続き多発していると指摘。データセンター全体を無力化することも可能な状態であるとして警告を発している。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に