Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、「802.11ac」対応アクセスポイントを発売

フォーティネットジャパンは、セキュリティに配慮した企業向け無線LANソリューションのラインナップを強化し、「IEEE 802.11ac」対応のアクセスポイント2機種を追加した。

今回あらたに発売したのは、「FortiAP-221C」「FortiAP-320C」の2製品。従来の通信規格にくわえ、「IEEE 802.11ac」に対応している。

同社UTMに内蔵されている無線LANコントローラ機能を活用し、アクセスポイントのOS、設定、ステータスのほか、セキュリティポリシーなど一元管理を行うことが可能。

無線接続するクライアントのユーザー認証、デバイス認証、アプリケーション制御のほか、UTMのセキュリティ機能を通信に適用できる。

「FortiAP-221C」は、廊下などへの設置を想定しており、煙探知器型の形状を採用。一方、「FortiAP-320C」は、冗長化したPoE Ethernetを装備しており、電力供給に対応。密閉型で幅広い温度環境に対応する。

(Security NEXT - 2014/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応