Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都

東京都は、サイバーセキュリティ対策へ取り組む中小企業を対象に支援事業を開始した。

都内に主たる事業所があり、サイバーセキュリティ対策に意欲を持つ中小企業を対象に、攻撃状況の把握やトレーニング、サポートなどを期間限定で提供するもの。

具体的には、UTMの設置によりサイバー攻撃の状況を把握、分析を支援するほか、駆けつけを含むセキュリティ関連のサポートを提供。また標的型攻撃メール訓練や情報セキュリティマネジメントの指導なども行う。

提供期間は3カ月程度を予定。250社程度を先着順で募集する。募集にあたり、事前説明会を4月21日、27日、28日にオンラインで実施する予定。詳細は都のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名