Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都

東京都は、サイバーセキュリティ対策へ取り組む中小企業を対象に支援事業を開始した。

都内に主たる事業所があり、サイバーセキュリティ対策に意欲を持つ中小企業を対象に、攻撃状況の把握やトレーニング、サポートなどを期間限定で提供するもの。

具体的には、UTMの設置によりサイバー攻撃の状況を把握、分析を支援するほか、駆けつけを含むセキュリティ関連のサポートを提供。また標的型攻撃メール訓練や情報セキュリティマネジメントの指導なども行う。

提供期間は3カ月程度を予定。250社程度を先着順で募集する。募集にあたり、事前説明会を4月21日、27日、28日にオンラインで実施する予定。詳細は都のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース