Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信された非公開情報ファイルをさらに誤送信 - 経産省

経済産業省四国経済産業局は、個人情報や非公開情報含むファイルを、管轄内の関係ない事業者へ誤って送信したことを公表した。

同局によれば、誤送信したのは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の保有する316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイル。7月17日に誤って管轄内の13事業者19人に対して送信した。

前日の16日、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の公募開始時期が近いとして、NEDOより過去の採択者に関する情報が同局へ送信されたが、NEDO側のミスにより、誤って316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイルを添付していたという。

メールを受け取った同局ではファイルの内容を十分に確認していなかったため、個人情報や非公開情報などが含まれていることに気付かず、添付ファイルをそのまま送信してしまったという。

同局では、誤送信した情報については送信先ですべて削除されたことを確認。また誤送信先から外部への二次流出もなかったという。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
メール送信先リストを誤ってメールへ添付 - マウスコンピューター
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
学生の個人情報添付メールを誤送信 - 東京都市大
府立高校でメールを誤送信、1文字誤り第三者へ - 大阪
メール開きマルウェア感染、個人情報流出の可能性 - 中電工
JTBの顧客情報約793万人分が外部流出か - 偽取引先メールでマルウェア侵入
情報流出報道に「2015年の攻撃であらたな流出ない」 - JR北海道
学生の成績情報含むファイルを誤送信 - 福岡女学院大