Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信された非公開情報ファイルをさらに誤送信 - 経産省

経済産業省四国経済産業局は、個人情報や非公開情報含むファイルを、管轄内の関係ない事業者へ誤って送信したことを公表した。

同局によれば、誤送信したのは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の保有する316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイル。7月17日に誤って管轄内の13事業者19人に対して送信した。

前日の16日、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の公募開始時期が近いとして、NEDOより過去の採択者に関する情報が同局へ送信されたが、NEDO側のミスにより、誤って316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイルを添付していたという。

メールを受け取った同局ではファイルの内容を十分に確認していなかったため、個人情報や非公開情報などが含まれていることに気付かず、添付ファイルをそのまま送信してしまったという。

同局では、誤送信した情報については送信先ですべて削除されたことを確認。また誤送信先から外部への二次流出もなかったという。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子