Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSサーバに対するDDoS攻撃が断続的に発生 - eo光

ケイ・オプティコムのDNSサーバに対してDDoS攻撃が断続的に行われており、インターネット接続サービスにおいて一部影響が出ていることがわかった。

6月29日18時ごろより、多数のマシンから同社DNSに対して大量のパケットを送り付けるDDoS攻撃が断続的に行われたもの。同社インターネット接続サービス「eo光」の利用者において、名前解決の処理に時間がかかったり、処理できない状態が発生し、ウェブ閲覧やメールの送受信に影響が出た。

同社では、攻撃元からの問い合わせに応答しないようサーバやネットワークの設定を行うなど負担を軽減させる対策を講じているが、その後も30日21時13分、7月1日16時39分、同日22時と攻撃は断続的に発生しているという。

(Security NEXT - 2014/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に