Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が水道使用者の個人情報含む検針機器を紛失 - 柏市

千葉県柏市は、水道使用者の個人情報が記録された検針機器を、委託先の検針員がトイレに置き忘れ、紛失したことを公表した。

同市の発表によれば、7月1日10時ごろ、水道検針業務を委託しているジェネッツの検針員が、田中近隣センターの女性トイレに検針機器を置き忘れたという。10時25分ごろ置き忘れたことに気付き、戻ったが見当たらず、持ち去られたあとだった。

紛失した検針機器には、水道使用者の氏名や住所のほか、口座振替済通知データ、メーター指針など204件の個人情報が記録されているが、起動にはセキュリティペンダントが必要で、データはすべて暗号化されているという。

同市では、文書の配布を通じて対象となる水道使用者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市