Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告件数が再び急増して4000件超 - 過去2番目の高水準に

フィッシング対策協議会は、6月におけるフィッシングの状況を取りまとめた。オンラインゲームと金融機関を騙るフィッシングの急増により、報告件数が4000件を上回った。

20140702_ap_001.jpg
フィッシング報告数の推移(グラフ:フィッシング対策協議会)

同協議会によれば、6月に寄せられたフィッシングの報告件数は、前月より4047件増となる4403件。過去最悪となった2014年1月の4656件に次ぐ件数となった。

2014年は、第1四半期に3000件弱から4000件超のレンジで推移するなど、過去に例を見ない大幅な報告数の増加を記録。4月以降やや落ち着きを取り戻し、5月には356件まで縮小していたが、6月に一転再び拡大した。

報告数が急増した背景には、減少傾向が続いていた金融機関とオンラインゲームに関連するフィッシングの急増があるという。報告のあったフィッシングサイトのURLのうち、オンラインゲームが6割を占め、のこり4割が金融機関だった。

具体的にみると、金融機関では、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行のほか、電子マネーを扱うウェブマネーを装うケースが発生。またゲーム関連では、スクウェア・エニックスのゲーム「ドラゴンクエストX」のアカウント情報を狙った攻撃が発生した。

フィッシングサイトの公開に利用されたURL件数も、前月から730件増の824件と、増加が目立った。フィッシングに悪用されたブランド件数は、ほぼ横ばいで前月を1件上回る14件。特定のブランドに対する執拗な攻撃が行われている。

(Security NEXT - 2014/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類